スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.06.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

デッドなあいつとスペースガチャピン

 

***

 また大分日が空きました、ぬるぬる更新、ヴぁなヴぁれ。

 基本的にとっとと更新しる的な突き上げがない限り、ブログの存在自体を忘れてる事が多いわけで、つまり今回の更新はやっぱりアレでコレで早く更新しるとの要求があったわけでもうなんていうかスイマセン。生きててすいまえんでした;


 といっても書け!といわれると筆が進まないのは、やっぱり小学校、中学校と必須科目に指定されていた国語の授業を睡眠時間や別世界に旅立つ時間につかっていたからであり、もう一回やり直したいですね人生。もう何かいてるか段々わからなくなってきました。序文でこの塩梅、どうしたもんでしょう。




 ・・・。


 

 まぁそれはそれ、これはこれ。

 今日も適当に書きたいことだけ書き殴っていこう・・・。そう、それがいい。

 ロストプラネット2.

 いきなり本題に入りまくりんぐなわけですが、最近はコレをやってます。

 モダンウォーフェア2は拡張マップが追加されて、相変わらずアホのように盾ばっかり使っていまだにプレイしてるんですが、アレは殺して殺して殺されて殺されてっていう、もうどうしようもないカオスで終わりの見えないゲームなので、心が荒みます。

 いやまぁ単純に対戦で終始するゲームなのですよね。面白いんですが。疲れます。

 そこで、ロストプラネット2の登場なわけですが、これはメインはCOOP。協力プレイなのですよ。

 対戦もありますが、超面白くなかっt

 


 相手はサーラメーヤさん並のデカくてキモい生物。
 某肉焼きハンティングゲームを作ってる会社、かぷこむさんだけあり、生き生きと暴れまわってくれます。

 えぇ、それはもう理不尽なくらい。建物の後ろに隠れて一息ついてたら、その建物ごとぶっ壊して踏み潰してくれたり、逃げる列車にのった我々を列車ごと丸呑みにしてくれたり、やりたい放題です。

 そんなモンスターどもを4人で協力して倒すわけですが、これがとても楽しい。

 巨大ビーム砲を組み立てて、戦隊モノのとどめバズーカのように皆でぶっぱなしてロスト戦隊ごっこしてみたり、砂漠をびたんびたんのたうち回る巨大めめず様を列車砲で粉々に打ち砕いたり、法務組織が所有する巨大陸上戦艦にのりこめ^^して奪い取ったり、毎日きゃいのきゃいのやってます。

 これもモダンウォーフェアと同じく、気軽にプレイできるのが嬉しいところ。

 最近そんなスタンスのゲームばっかりやってます。どっしり腰を据えてやるゲームが少し懐かしい。
 あまり時間がとれないので叶わぬ夢ですが・・・。

 ロストプラネット2買って2,3日は仕事行きたくない症候群にかかりましたけども。えぇ。
 
 最近FFの記事書いてないです。リニューアルして名前も変えたのにヴァナにログインしてないだと・・・っ!






 




さいきんのがいじんぶたい

 

***


 モダンでウォーフェアな戦場でライオットシールド構えてるヴァレリアさん。
 シールドが銃弾を弾く音が心地よくてゾクゾクしています。戦車の装甲すら撃ち抜く狙撃銃の弾だって弾き返します。なにこのイージス。常時インヴィンシブル! 

 まぁ無敵なのは正面から飛んできた弾だけなんですが。

 死なば諸共。神風特攻。「貴方も殺して、そのあとは私も死ぬわ!」のノリで突撃してるんですが、最近は相手を盾で押しつぶした後に味方が呼んだ空爆でバカ猫さん諸共敵本陣を吹き飛ばすっていう、血も涙もない作戦を決行しています。

 というのも、このゲームは銃を撃つとサイレンサーをつけていない場合、相手に自分の場所を教えてしまう仕様なので、バカ猫さんを迎え撃とうと銃を撃つと、空爆ポイントを探している味方がその場所に空爆を置くんですよね。

 だから、バカ猫さんの生還率はヒジョーに低いです。なんという自己犠牲。

 相変わらず外国人のフレにしょっちゅー呼ばれるんですが、日本という国のブランドの凄さを本当に思いしらされます。

 バカ猫さんは英語しゃべれない(何て言ってるかはある程度はわかりますが!)のでボイスチャットをつけていないんですが、ある日バカ猫さんがボイスチャットつけていなくて、後から入ってきた外人が「あいつはボイスチャットつけないのか?」と聞くと、いつも一緒にやってるアメリカ人のフレが「奴はボイスチャットはつけないが、俺達のために守ってくれる。それでいいじゃないか」とかいってくれました。その後「あぁ、日本人か。じゃ、NPだな!」とその外人も納得してくれて。

 旗を取り合うルールだったので最前線で弾をうけ、旗を取り返して帰ってきたとき、味方の陣地に走り出すバカ猫さんをチーム全員が援護してくれた時は胸が熱くなりました。

 「あのシールドを死なせるな、ファイアファイアファイア!」

 「こっちだ、こっちにこいジャップ!ハリーハリー!」

 「ジャパニーズに続け、負けてられるか!」

 とかなんとか。米軍は「絶対に仲間を見捨てない」のが信条だそうで、一人の兵士が戦地に置き去りにされると大部隊を動員して助けにいくそうですが、ただのFPSゲームでもこんな塩梅です。

 誰よりも前を走っていくシールドマンはアメリカ人のフレにはとても心強く写ってるらしいです。
 でも誰よりも死んでる回数多いんですけどね。僕。あぁ、君死にたもうことなかれ;;

 そういえば。こないだブログを読んだってーんで、鉄砲の話がちょっと出た時、PSG1がどうとかこうとかのお話になりましたが、バカ猫さんはバカ猫さんは鉄砲を撃つと、弾がカラになるまでトリガーを引きっぱなしになるのーきんなので、ほとんど弾が当たりません。狙撃銃とかなおさら。大体、スコープを覗いてたら先に敵に撃たれてビクンビクンッてなってます。なので、ライオットシールドの補助武器はトリガーを引いても一発しか弾の出ないウインチェスター1887ソードオフショットガンを使っています。このショットガンが凄い骨董品で、1887年製の、現代兵器しかないこのゲームでは異彩を放っている銃なんですが。

  ターミネーター2でシュワルツェネッガーが使ってた銃です。撃つと銃自体を回転させるアクションがかっこよくて、シールドを構えながらコレをぶっ放しています。
 
 それと投げナイフ。 もはや鉄砲ですらないところが味噌。鉄砲よりあてるの難しいって評判なのですけれど、こっちの方がバカ猫さんには使いやすいので。

 シールドと骨董銃、それに投げナイフを懐に忍ばせて、現代兵器の真っ只中にいます。

 ちなみに、MW2では一度も死んでない状態で敵を連続して倒すと、色んな空軍支援を受けることが出来ます。F15戦闘機3機による爆撃やVTOLハリアーが上空にきて空から攻撃してくれたり、ペイブロウ重戦闘ヘリによるダイレクト支援攻撃だったり、それは人それぞれ、セットしているアビリティ次第なんですが。

 がいぢん(フレ)「いんかみんぐ えあすとらいく!」 精密爆撃要請完了!

 がいぢん(フレのフレ)「ハリアー いんかみんぐ!」 VTOLハリアー 直接攻撃援護完了!

 がいぢん(ドイツ人)「攻撃ヘリ いんばうんど!」 コブラ離陸 直接支援攻撃援護開始!

 ばか猫さん「今の僕はっ 阿修羅すら凌駕するっ そんz   ビクンビクン・・」 突撃→戦死



 実によくある風景です。FF11でもこんな感じでしょ?でしょでしょ?

 バカ猫さんは復活して1分以内に戦死する確立が極めて高いので、連続キルボーナスはほとんど受けれません。いいんですよ・・・味方が活躍してくれるならそれで;;;

 ゲームがどんなゲームであっても、中の人が一緒なので、バカネコさんはバカネコさんなのだと思います・・・><

 
 

 

ぐろーばるこみゅにけーしょん?

 

***


MW2

 最近・・・というか、わりと前からなんですが、コールオブデューティー4 モダンウォーフェア2 にずぶずぶとハマってます。4月はまだ課金してないのですよね、FF11w

 美麗なグラフィック、飛び交う銃弾の音、スピーディーな戦闘展開に見事にやられてます。時間が長く取れなくても、チョットだけ対戦プレイできるっていうのも魅力。
 
 FF11の幻想的でファンタジーな世界とは真逆の世界、破壊と混沌しか存在しない世界ですが、海外の人ともプレイできて、結構フレンドが出来たりしてるのですよね。

 マルチプレイは一応COOP(協力プレイ)もあるのですが、メインはやっぱり対戦で、その中で友軍という存在は自分の命を預けあうかけがえの無い戦友になるわけです。勿論ゲームなので、やられちゃっても全然どおってことはないのですけどねw

 ですが相手の存在する戦いで勝ち負けを競うというのは、FF11とは違って、血の通った人間を相手にするという事なわけで、その駆け引きや腕の優劣を決めるという楽しみは人間のある意味本能的な部分に語りかけてくる要素だと思います。正直、楽しい。

 相手の思惑をくじいて自分達の思い描く勝利への展開をどうやって展開させていくか、とかある程度技術がついてくるとそういう方にやる気を傾けていくので、武器や装備を考えたり、それをどうやれば効率よく使いこなせるかとか練習してみたりします。

 モダンウォーフェア2ではライオットシールドが存在するんですが(バカ猫さんがほしがってたアレの元になった盾ですね。)、これがとっても扱いにくくて、可愛くって仕方ない武器になってます。

 正面からなら相手の銃弾のことごとくを弾き返してくれる、常時インビンシブル状態の武器なんですが、とっても重くて脚が遅くなり、爆発物を投げ込まれたりすると盾は無事でも、もってる人が死んじゃうっていうね。しかも盾持ってる状態だと武器がつかえないので、盾でぶん殴るしかないのです。
シールドバッシュONLY。やだ、なにこれ・・・可愛い・・・。

 この盾をずーーーっと使ってバカ猫さんは戦場に出ているんですが、クセが強すぎてすぐ死んでました。どんなに銃弾弾いても、盾構えてる方向からしか無敵じゃないので、横や後ろから撃たれたらアウアウです。そのうち敵がロケットランチャーとか手榴弾投げ込みはじめて、バカ猫さん涙目。

 じゃあ使うなよっていう気もしないでもないですが、最近は長いこと使い込んだだけあって、バカ猫さんのライオットシールドには何か宿ったのか、たまに敵が攻撃ヘリを呼ぼうがVTOLハリアーを呼ぼうが、その機関砲の弾すら弾き返して、銃弾飛び交う鉄火場に突撃しては敵を盾でシバキ倒す時が時々あるのです。まぐれと言われればそれ以外の何でもないのは確定的に明らかなんですが><

 んで、そんな感じでずっとプレイしてたら、一緒のチームだった人や敵だった人からメッセージが送られてきます。大概は海外の方で負け惜しみだったり賞賛だったり、悲喜こもごもの内容だったりするんですが、その時はドイツ人だったのですよ。バカ猫の中の人は大学時代にちょっとだけドイツ語を学んだので、それがドイツ語だとわかったんですね。

 「盾上手だね!日本人なのに君は最前線にいる。凄いよ」

 とか、そんな内容でした。

 世界中の人がプレイしているモダンウォーフェア2、そのプレイスタイルにはお国柄が良く出ます。  
 
 アメリカ人は突撃思考の人が多い気がしますし、イギリス人は武器に合った戦い方をしてる方が多い。隣の国の連中は建物によく隠れてゲリラっぽい戦い方をする人が多いし、日本人は消音銃を使ったニンジャスタイルの人が多いです。

 勿論人それぞれ、十人十色ですから、一概に決め付けられる事じゃないんですけれど。所詮は体感です。ちなみにドイツ人は狙撃銃で遠距離から正確にスナイプしていく感じでしょうか。

 彼もやっぱりスナイパーライフルが好きで、バカ猫さんがアホみたいに盾かまえて突撃していくのを後ろからスコープごしに覗いてたようです。その時の戦闘は、心なし盾で敵をどつき回してた時、敵の援護が薄いなーとか思ってたんですよ。多分、彼が一番前でボカスカ敵を殴ってるバカ猫さんを狙う敵を狙撃して倒してくれてたのだと思います。

 それから彼とは2,3回のメッセージのやり取りをしたあと「今度はイタリア抜きでやりましょう!」とFMO時代のフレがドイツ赴任した時に言ったらしいセリフをドイツ語翻訳ツールで作り直して送ったんですよ。そしたら光の速さでフレンド登録要請のメッセージがきて、彼とフレになりました。

 それからよく彼とは一緒にプレイするようになったのです。それは今現在も進行形なのですが。ドイツ語難しいです。彼は何故大文字だけで文章を作るんでしょう?謎です。

 相変わらず盾で突撃するバカネコさんを狙撃で援護する彼。彼が狙撃しやすいように、敵の目をひきつけて、彼が倒しそこねたのを盾でぼかぼか殴ってとどめさすって言うハイエナプレイ。一番前にいるので、倒した数と殺された数がいつもトントンっていうね。

 最近は一番最前線にいるので、一番目立ちます。そのポジションが一番好きなお国柄の人、アメリカ人のフレも増えました。一緒に突撃してくれる日本人っていうのは珍しいそうで、ヤーハー グッジョブグッジョーブ!とかよく言われてます。問題は、サーバーラグの問題で、アメリカ人の人と一緒にやると物凄く回線不良になるのですよね。

 まぁ盾をかまえて最前線で敵の攻撃ひきつけるだけなんで、別にさして苦痛になるほどでもないですが。隣にアメリカ人、後ろにドイツ人、どこの外国人傭兵部隊なのかと・・・。何、この多国籍軍・・・。

 そのうちイタリア人ともフレンドになって、「パスター!」とかいいながら一緒に突撃してみたいと思う今日この頃。

 関係ないけど、ロシア人とアメリカ人って、一緒にプレイするのをみている限りではとっても仲がよさそうに思えます。そもそも、ロシアではモダンウォーフェア2は発売停止されてるそうなので、それでもプレイしたいっていうロシア人はかなりの親米な方だと思いますから、仲がいいのは当然といえば当然なのかもしれない。

 日本人のバカ猫さんを信頼して背中を守ってくれるっていうのは「日本」というブランドの凄さを思い知ると同時に、やっぱりバカ猫さんはのーきん合衆国の人に近い考え方なのかもしれないですね。

 付いて来いジャップ!といわれれば付いていき、助けてくれヤパーニ!といわれれば助けに行き、何語しゃべってるのかわからない隣の国の人たちをシバキ倒す毎日。FF11でもモダンウォーフェアでも、変わらないバカ猫さんの盾ライフ。

 都合よく使われているのかもしれないけれど、バカ猫さんが一緒についていってあげなければ、アメリカ人の彼は、後ろに誰もついてこない孤独を味わいます。バカ猫さんが助けにいってあげなければ、ドイツ人の彼は敵の包囲の中取り残されてしまいます。日本人の美徳ですしね、自己犠牲。

 色んな国の人と一緒に戦って戦って死んで殺されて、なゲーム。モダンウォーフェア2。

 もうちょっとハマっていようと思います☆
 






 

1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

プロフ

プロフ2

selected entries

categories

archives

recent comment

  • さいきんのがいじんぶたい
    もーたー
  • さいきんのがいじんぶたい
    Dガルカ
  • 激烈で騒乱なる日々
    もーたー
  • せめて冒険者らしく。
    Motorworks
  • せめて冒険者らしく。
    べる
  • せめて冒険者らしく。
    燕の4番
  • ストアTPとヴァレリアさん
    ばれりあん
  • ストアTPとヴァレリアさん
    Dガルカ
  • 赤魔道士クランの大冒険 その1
    hounddog
  • たとえ刃折れ矢尽きようとも、愛し続け、決して背かぬ事を誓うか?
    motog

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM